タケノコ味噌煮レシピ

1、タケノコの灰汁抜き
  ①新鮮で柔らかいタケノコは、灰汁を抜かずそのまま使う場合がありま
   す。(タケノコの刺身、焼きタケノコ、タケノコの天ぷらなど)
   

   ・皮に包丁で縦に切り目を入れて、皮を剥ぐ。

    ・タケノコの根の部分の硬いところを包丁で切り落とす。
  ・剥いだ皮の残りの部分も包丁でなでるようにきれいに落とす。

    ・鍋にタケノコが被るくらいの水を入れて、米のとぎ汁または、
     米糠を入れて、コトコトと煮る、鍋の中のタケノコが少し
     黄ばんできたら火を止めて鍋の中に入れたまま粗熱をとる。
    ・粗熱が取れたらいろいろな料理に使用してください。

2、タケノコと昆布の味噌煮
   材料 タケノコ 小1本、昆布(早煮昆布2本、だし昆布でも良い)
      味噌 大匙1.5、酒 大匙1、みりん大匙1。
   準備 早煮昆布はさっと水に洗って柔らかくなったら結んでおく。
      だし昆布を使う場合は、タケノコの下に多めにだし昆布を敷く。

   ①鍋に水200㏄入れて、味噌、酒、みりんを加えて味を調える。
   ②輪切りにした筍と昆布を鍋に入れて弱めの中火で静かに煮込む。
    煮立ってタケノコが柔らかくなったら(20分程)鍋を火からおろす。

Follow me!

次の記事

イワシかば焼き